東京都 江戸川区 ガラスコーティング
 

 
ホーム
ショッピング

 
ヘッドライトポリッシュ
プロの独り言

  プロの独り言

 ディーラーなどの●年保証制度に付いて
 
良くある5年保証コーティングの保証項目ですが
どの保証書にも記載されているのが、期間内に光沢の劣化が認められた場合の保証

この光沢の劣化は何で判断かと言うと
単純に目視での判断で、ユーザーさんの見方、感じ方では無く
ディーラーさんの目視の判断で、基準など数値の提示はありません
数値を提示している保証書もあり、光沢度が70%を下回ったら・・・
これはグロスチェッカー(光沢度測定機)での測定で、
ディーラーさんにはその様な測定機は置いてません

ここで70%を下回っていたら自分の車は保証してもらえるんだ、と安心していけません
通常、余程の手荒な手入れをしない限り塗装面の光沢が70%を下回る事はありません
これも、目視と同等で安易なまやかしの保証項目です


では、保証外は?
記載されているのは、大まか8〜9項目 (保証項目より多いですね)

1、  1年毎の定期点検をしない場合
2、  専用(又は指定の)のメンテナンス剤を使用しなかった場合
3、  虫、鳥糞を直ちに取り除かなかった場合
4、  洗車機や固い布地を使用した場合
5、  石、岩片による損傷の場合
6、  強いアルカリ、酸などの塗布や飛散の場合
7、  事故による外的損傷の場合
8、  物理的に塗面を強く擦った場合
9、  鉄粉の付着による劣化の場合

等が多くに用いられている保証外項目です
1や2の定期点検や指定メンテ剤などは理解出来ますが
3などは鳥糞や虫の死骸などからはコーティングでは防げない、
守れないと言う事を言っています
6なども、アルカリや酸からも守れないと記載されてます
市販のカーシャンプーなどアルカリ系や酸性系や中性系などさまざまで
更には野外駐車の方は日本の雨はほぼ酸性雨ですので、
酸からの攻撃は防げませんとも言っています

鳥糞や虫の死骸も直ぐには取り除けず、休みの洗車の際に気が付くのが殆どですので
これも防ぎようが無い、コーティングは守れないと言ってる分けです
これでは何に良く、何が良いのか分らないコーティングですね

保証項目はまやかしの明確な物が無く
対象外は日常の起こりえる事には保証が無い(守れない)
何の為のコーティングなんでしょうか???

保証付きコーティングの一番矛盾する部分をここで暴露致します
どのディーラーさんのコーティング保証書にも小さく記載されますが
車両を譲渡したら、その時点で保証は切れます(保証してくれません)
コーティングの保証なのに名義が変わったら保証は無しです
新車が納車され翌日に友達に譲り名義が変わったらコーティングの保証は切れます

この様に5年と謳うコーティングの保証ですが
記載内容からボディー(塗装)の保護とは名ばかりの物で、保護、防御は出来ず
あまり良い物では無いと謳ってしまってるのが●年保証と言うタイプのコーティングです

とある有名ディーラーさんの保証書には(巷で未さん聞いた事のあるコーティングです)
煤煙、降灰、樹液、花粉、酸性雨、薬品、鳥糞、塩害、鉄粉、飛石、虫の死骸、ペットの糞尿等の外的要因
これらは保証対象外との記載
どれも普通に起こりえる事ですが防げない、保証しないとの記載です
カーショップで売られているカーWAXでさえ、もう少し塗装を守ってくれますね

以前、トヨタ系ディーラーを網羅していたCP●ペンイントシーラントですが
日本では5年保証をしていますがコーティング剤メーカーの本国で保証はしてません
コーティング剤メーカーが保証していない物を
日本に材料が入ると5年の保証になってしまいます(><)



2011年2月9日 
そんな中、今ディーラーさんへ純正コーティングの採用で両者がやっきになってる事が
 
以前はトヨタ系ディーラーを全て網羅していたCP●ペイントシーラント(中●自動車)ですが
WAXメーカーのウィ●ソンに訴えられ、裁判で謳い文句は嘘、半年程の効果と負けてしまい
トヨタ系ディーラーが一斉に採用取り消しと言う事がありました

そこで出て来たのが又、別の商社が取り扱うQM●なるコーティング
以前のCP●は手塗り的だったのが今度は機械掛けになった位の違いでしょうか

CP●を取り扱っていた商社の中●自動車も黙ってはいません
内容、中身は同じのコーティングを名前を変え今ではガード●スメなるコーティングで
各ディーラーに売り込みを行っています

但し、未だに保証書の記載の項目などは同じです

我々専門店が広め知られて来たガラス系やガラスコーティングですが
今ではディーラーさんでもガラス?なるコーティング、更にはガソリンスタンドさんに見られる
キー●ーなるコーティングにもガラス?

どれも便乗ガラス系はガラス素材では無くプステッィク素材でガラスでは無い様です



2011年2月9日
他店のHPなどを見て
 
 この所、少し減っては来ましたが
 以前は全盛期で取り扱いのコーティングをコーティング剤メーカーの説明そのままに
 自社のHPを記載していて、矛盾する物が多く見られました

 数種のコーティングを取り扱っているショップさんに多く見られますが
 主流のガラス、ガラス系のコーティングで
 1のコーティングでは最強なる表現で推奨していながら
 2のコーティングでは1のコーティングを批判する記載があり
 こちらが最強と
 更には3のコーティングは1も2も批判の内容で・・・

 単純にこの内容では3が良く見えますが、そのHPのコーティングのページでは
 1では1を最強、2では2が最強、3では3が最強になってます

 コーティングが悪い訳では無いでしょうが、受け売りや材料メーカーの記載を
 そのままでは、あまり取り扱い品すら認識をしていないショップさんの証拠ですね

 残念な事にこれらのショップさんでは、上手くすれば問題無くコーティングしてくれますが
 一歩間違うと、無駄なお金を支払う事にもなります
 自社の取り扱い品を認識すら出来てませんから

 ガラス系の表現で代表される無機、無機質ですが
 本来、ガラス系コーティングにおいて無機が塗装保護に良いとの事で
 ディーラーさんなども含め専門店さんも多く採用してますが

 とあるショップさんで無機のコーティングに上から有機を塗布し、
 これをダブルコーティング???なる表現で良い物としているがあります
 外敵にさらされる表面に有機で防御に優れていると思うなら
 最初から有機をコーティングするば良いのに何ともお粗末なコーティングです
 でも他のコーティング紹介のページには、やはり無機が凄い!良い!の記載
 もう、目茶苦茶なHPです

 この様に、ガラス、ガラス系、無機、無機質と表現されるコーティングが
 認識され広まって来たのは良いですが、コーティングをしている
 専門店さん側があまり認識無くコーティングをしているのを多く見かけます


2011年2月15日
塗装の復元

 この所、メーカーにて塗装の復元なる技術が始まりました
 ニッサンのスクラッチシールドやトヨタのセルフレストリングコートなど
 今後も自動車塗装はこの様な仕組み技術が増えてくるのでしょうか?

 実際、その塗装をカーショップや専門店などでコーティングするのは
 少し疑問を感じます、せっかくの塗装を皮膜で閉じ込めるのですから
 当店ではユーザーさんに、その塗装の性能面やコーティングとの相性など
 その辺をご説明をし、それでもと言う方には数台コーティングはしていますが
 基本的には、その塗装にはコーティングは、お勧めしてません

 とあるHPではそれ用のコーティングなる謳いの物がありますが
 それは信頼性の無い紛い物です
 未だカーショップなどで売られている油脂のコーティング(WAX)なら無難かもと

 実際、ニッサンのスクラッチシールドの車両にて検証してましたが
 ユーザーさんが感じられる傷の復元は難しいです
 確かに実際に熱による復元は確認しましたが、
 ニッサンHPでの紹介の様な洗車機による傷などは無理な様でした
 板金塗装屋さんにある塗装ブースへ車両を入れ長時間の熱の加えを与えたり
 私達も使用している遠赤乾燥機などで長時間の熱を加えた場合どうなんでしょう

 感想としてはユーザーさんが感じられるほどの傷の度合いの物は
 消せない(消えない)と言うのが現在の私の実感です

 いわゆるトヨタのセルフレストリングコートなども耐スリ傷性クリアーが使われ
 その性質、効果が傷が付きにくく、修復すると言う物
 ニッサンのも同じですが、塗装自体に柔軟性があり樹脂の効果で傷が入りにくい
 傷の復元に対してはいまの所、どれもユーザーさんレベルでは難しいと思います

 ぶつけてしまったりで補修をしますと
 やはり一般的には、未だ未だウレタンクリアーを使用している
 板金塗装ショップも多いです
 この採用された塗料を扱う板金塗装ショップさんは未だ未だ無いです

 単純にニッサンスクラッチシールドの補修は通常塗装の3倍以上もします
 これが良いのか悪いのかはその塗装の車両を購入したユーザーさん次第ですね

 マイナーチェンジされたレクサスは全ての車色に
 セルフレストリングコートを採用した様です


2011年3月7日
他店でも敬遠しがちな車両
 
  
  こちらプジョーのRCZですが
  リヤガラスの形状が独特で
  カーフィルムの施工も難しい車種です
  他店などでも引き受けしないなど 
  敬遠しがちな車種ですが


  当店ではこの様な形状のガラスでも
  綺麗に貼り付けします
 
 
  ご覧の様な独特の形状です

  RCZのユーザーさんは
  カーフィルムを施工してくれるショップさんを
  探しているらしいですが


  ここに居るのになぁぁ (^^)




2011年6月
適合なのに拒否するディーラー

 実際、カーフィルムは車両のフロントガラス、フロントドア左右へも貼り付けは
 法律上、問題はありません
 但し、可視光線透過率と言う基準があり、
 透過率が70%を下回る状態は駄目で張り付けは出来ません

 以前からもそうでしたが、ディーラーさんでは、この基準の設けられているフロント3面に
 フィルムが張り付けてあるだけで車両の入庫を拒否します。何故でしょう?

 私が推測する所、ディーラーさんでは当店なども施工に必要な可視光線透過率測定機などを
 持ち合わせていないから、何かあった時などディーラーさんが違法改造車を入庫、
 整備などしているなど、その様な受け取られ方にならない様に
 貼り付けあるだけで拒否をするのだと思います
 
 問い合せなどでディーラーで3面に貼り付けは駄目、又は貼り付けしたら入庫させません、
 など
 その様なユーザーさんからのお話を随分と聞いてきました
 今までにも当店で施工された方、数台分へ透過率を測定した結果の証書をお付けし
 その後はディーラーも問題無く入庫を受けてくれたとの話も多く聞きます

 違法でも無い物を自身で判断が出来ないだけでユーザーを拒否、フィルムを拒否の
 最近のディーラーは始末におえませんね
 
 ここだけの話ですが、今までに当店で、
 フロント透明断熱フィルム又はフロント上部へのグラデーションフィルムを
 施工させて頂いた車両10台以上、ディーラーや街の整備工場にて車検時などで
 貼ってあるのが分らず車検ステッカーを張り替える際に、フィルムを切ってしまった
 グラデーションフィルムの定義すら知らずに違法との判断をし剥がしたなど
 その後、問題無い物と発覚しディーラー、整備工場、が
 自腹弁償にて当店で施工し直しをしたと言う車両が随分あります。

 当店ではSOLER ENERGY DETECTORと言う測定機もありますが
 現在はTINT METER M200と言う測定機にて測定し貼り付けしています
 更に、在籍は2名ですが国家資格のガラスフィルム施工技能士と言う資格も取得してます



 2011年7月
この所のカーフィルム施工で

 この所のディーラーさんや整備業者さんのフロント3面に対しての
 カーフィルム施工済み車への対応が安易な判断ばかりで
 先日のキャンペーンにて施工させて頂いたユーザーさんが
 丁度、カーフィルム施工数日後に車検でとあるフランチャイズ車検センターへ
 車検の依頼に出向いた際、フロントガラスにフィルムが貼り付けてあるので
 車検はお引き受け出来ないと言われたそうです

 当店にて可視光線透過率証明書なる物をお付けしていても駄目との事
 その整備工場のフロントの方へTELにて違法では無い、問題無いの説明したが駄目
 そうしたら、当店にて測定判断をしている測定機(TINT METER M200)を貸せとの話し?
 自社で測定し問題無ければ、良しとするとの話し???

 何故、測定機を貸さないといけないのですか、可笑しく無いですか、と当店
 資格の持った者が測定機で測定し、問題無いのと、証明書もあるんですよ!
 そちらの車検で検査し問題無いと言われても、こちらが信じないのと同じ話ですよ
 と話しましたら折り返しTELしますと回答

 その後にTEL来まして、その証明書で車検をしますとの事

 先月の独り言でも記載してますが
 測定機を持ち合わせていないからとフィルムが施工してあるだけで駄目の判断をする
 ディーラ-さんや街の整備工場さんは、困った物です

 繰り返しますが
 当店は国家資格のガラスフィルム施工技能士と言う資格を2名取得してます



 2011年8月
 未だ企画の段階ですが
 
 企画の段階ですが、
 当店でカーフィルムを
 施工されたユーザーさんに
 車両のカットフィルムの
 ミニチュア版をフォトスタンドに
 入れて差し上げようかと




 貰っても邪魔になりますかねぇ(-_-;)




 2011年8月
とあるショップのHPで

 随分と久しぶりですが
 最近疎かにしてましたが、とある専門店さんおHPで
 カーフィルム対してのコメントで気になる記載がありましたので

 当店のHPのカーフィルムの悪い例などでも紹介している
 カーフィルム施工後のフィルムの膨れ現状(バブリング)ですが
 
 とあるショップさんでは膨れ現象(バブリング)をフィルム施工液が・・・・とありました
 思わず、その記載を見て、ぷっ!と笑ってしまいました。
 未だ未だ、認識不足でカーフィルムを施工しているショップがあるんだと
 
 膨れ現象(バブリング)は確かに施工液も関係してますが、それだけでは起こりません。
 そのショップさんは専用施工液を使用と記載してましたが
 プロなら専用施工液位は使ってます、当店も勿論、専用施工液ですが

 但し、未だ未だ多くのショップは中性洗剤を使用している所も見かけますが
 中性洗剤でも使用を間違え無ければバブリングは起きません

 あまりはっきり記載してしまうと認識不足のショップにバレてしまうので
 カーフィルムの粘着剤の成分、施工液の量(スプレーへの希釈量)と
 施工時のガラスへのスプレー噴霧とその後の水分の除去量
 フィルムを貼り付けするガラス面の状態(汚れや油分等)など

 大まか、この3点などが影響がおきます
 
 一つだけ記載しますが、ママレモンでもバブリングは起きません
 専用施工液でもバブリングは起きます。
 当店は専用施工液ですが、それはクオリティーを重視する為のアイテムで使用してます。
  

 2012年9月1日
この所の新車の塗装
 
 この所の新車の塗装と言うか、当店にコーティングのご依頼で入庫された車両、
 新車納車され直ぐに当店にコーティング入庫の車両の塗装面についてです。

 売れ行きも良いT車の車両に多く見られがち、更には濃色車に・・・

 気になる点は、その雨染みの多さです
 ディーラーさんでコーティングを依頼されなかったので、販売店さん側で
 納車の際に何かWAXでは無いでしょうが、艶出し剤的な物をボディーへ塗り、
 見た目綺麗な状態にてユーザーさんへ納車をしている感じです。

 単純な水洗いなどでは除去は難しく、
 ボディー用の特殊なリムーバーを使用し当店では除去してます。
 他店さんでもリムーバーを持っていればその様な感じで除去はされるでしょうが
 (本来、雨染みは分解除去する物で研磨する物では無いので
 この辺すら知らないショップも未だに多いです、花粉染みは焼きますがね)
 大体は研磨などをして除去しているショップも結構多くありますね

 一言、ディーラーさん、余計な事はしないで下さい!
 黒など特にですが、軽い拭き擦れでも目立つからと、何か艶出しなどで誤魔化すのは
 構いませんが、ユーザーさん側で解決出来ないであろう状態になる物は止めて欲しいです。

 ただでさえ、ディーラーコーティング済み車は後の雨染みの酷さにビックリするのに
 今度はコーティング依頼してない車両が納車後、直ぐに雨染み・・・
 
 ディーラーさん側ではコーティング車でもノーコーティング車でも
 雨染みの除去は出来ない、やらない、でしょうから
 塗装面の保護(コーティング)に関しては専門店に任して欲しいものですね。

 2012年10月17日
 



 お待ちかねだった25年度の
 カレンダーが出来上がりました。
 店主の私が免許取立ての頃の
 活躍していた名車達です
相変わらずのディーラーの対応
 
 以前にも記載してますが、相変わらずのディーラーの対応には呆れます。

 昨年も新車納車されたユーザーの車両をボディーコーティング(スペクト)
 フル全面、透明断熱フィルム施工をしました。

 ユーザーさんがディーラーへ点検に出した際にフィルムが貼ってあるのを知り
 フロントドアを測定したとの事です

 結果が可視光線透過率が66%だったと
 基準の70%に満たないので違法でダメだ!剥がさないと! と言われた事で来店されました。

 可笑しいなぁ???と、測定をしましたら73%〜74%の表示
 一様、車両メーカーさんのHPで該当車両のデーターを確認しました
 メーカーHPでグレード別など、各ガラスの無の状態の可視光線透過率が記載されてます
 その車両はフロントドアは74%と記載されてました

 当店で使用している透明断熱はほぼ変わらないか、1%落ちるかなので
 記載の74%だとすれば、測定じの73〜74%は合ってます。

 測定をしたとするディーラーが、本当に測定器で測定したのか?
 はたまた いい加減な測定器で測定したか?だと思います。
 車両ユーザーさんも、それを知り怒ってディーラーへ向かいました。

 ただでさえ、最近はフロントの3面にフィルムが貼ってあるだけでダメ!ダメ!
 そんな所に今回の測定したのか、機械が粗悪品なのか知りませんが
 測定したらダメ!とか、いい加減にしてもらたいものです。

 未だにフロントドア左右に色物を貼ってるショップもあるのも事実で貼る側として残念ですが

 当店は国家資格も取得し、さらには測定器で測定して貼り付けもしてます。(基準内の物だけ)
 ただでさえ、内製化でボディーコーティングやフィルムなど取り扱う様にディーラーはなりましたが
 いい加減な対応、対処は止めてもらいたいものです。

 ここだけの内緒の話ですが、今後、問題化されるかと思いますが
 Tディーラーの内製化で行っているフィルムですが最近フロントドア左右に
 透明断熱も貼る事を始めました。
 しかし透過率を測定して貼り付けしてる訳でも無く、
 貼り付ける前から無理な車両もT車両はあり、その車種も貼り付けしてます。
 ディーラーが堂々と違法行為をしているのです。
 

 2013年1月18日
 




















 
12月1日
 


 
 続きはまた
COPYRIGHT(C) MAXIM ALL RIGHTS RESERVED.